Spa


まず結果ですが、Spaの三時間耐久は何とか完走することができました。

観光もなくただレースを目的にいってきたわけですが終始ドタバタな4泊5日で

結果帰国後高熱が出てしばらくお休みをいただいておりました・・・。

スパ到着はドイツ・ベルギー到着初日の夜遅くだったので、翌日予選日から車の準備スタートです。

準備初日からセッティングに必要なものが無い事が判明したり、この日からドタバタが始まっておりました。

本戦が三時間ですので、結果よりもまず予選中に不安なく三時間走れる状態にするのが

この日の第一目標でした。結果色々と試す必要があり、そちらに時間を割いていた所

不運な赤旗中断も何度か重なってしまい、予選タイムが必要周回数に達せず

予選結果はほぼ最下位。。。まあ仕方ありません。夕食とビールで気持ちの切り替えです。

決勝当日。ここから話はレースとちょっと外れていきますが、早朝から泊まっている

コテージのテラスに鳥が激突死。ちょうど現場に居合わせたのですが、すごい音がして

何かと思いみてみると綺麗な鳥が地面に横たわっておりました・・・。

決勝日、不吉で最悪な一日のスタートでした 笑

その後、イギリスからお越しいただいたもう一人のドライバーの方(ミラノオートお客様)と

モーニングコーヒーの買い出しに行ったのですが、出先のパン屋でインロック。。。

車はアルファGTで、トランクからテイクアウトのものを持って帰るために

箱を出そうとしたのですが、そのままトランクに鍵をポイッといれたままバタンと。

モダンアルファも多いですがトランクのみを鍵で開けれる車は、結構あるあるですね。。。

とりあえずJAF的な救援をとりつけましたが、やはり来るまでに時間がかかるので

私は先にコテージにいる方々に拾いに来てもらう為に連絡。

そこでさらに驚愕の事実がわかったのですが、コテージも外から鍵かけたら

中の人が出れないと判明。もちろん外出するので僕が鍵をかけて出たわけですが。

出れる窓もない。テラスも鍵開けないと出れない。メインのドアは中にロック解除の

機構がない。。。。。。

地元のおじいちゃんおばあちゃんが集うカフェに二時間弱いましたかね。

「決勝も何もないわけないよな」と胸に秘めつつ、アルファ談義をしながら

JAF的な人が早いか、コテージの管理人のおばちゃんが早いか(スペアキーを持ってきてもらうことに)

をずっと待っておりました。結果は管理人おばちゃん勝利でひとまず拾いに来てもらうことが

できました。

決勝は19:00スタートなのでまだまだ時間に余裕があったので焦りはありませんでしたが、

鳥からのインロックは「こんな事続けて起こるかね」と なんとも言えない気持ちで

いっぱいになりました 笑。

長くなってきましたので、決勝・その他はまた次回に。

**************************************

本日はクーペ三台、スパイダー二台お預かりしております。

修理のご依頼、105探していますなどお気軽にお問い合わせください。

***************************************

〒195-0072 東京都町田市金井1-21-14 TEL.042-734-5944 FAX.042-734-9457 info@milano-auto.com All Copyrights by MilanoAutoService.