初スペイン


今年もヨーロッパ遠征初戦を迎えスペイン ヴァレンシアサーキットへ。

例年参加しておりますIBERIAN HISTORIC ENDURANCE という団体のレースは

イベリア半島各国の大きなイベントの一枠となっており、今回はヴァレンシアサーキット

自体が開催するイベント「RACING LEGENDS 2017」に含まれておりました。

シリーズ戦の年間スケジュールの中からスペインを選んだのは以前よりヨーロッパ

での活動で大変お世話になっているポルシェショップ&チーム「NOU ONZE」が

バルセロナであるのも参加を決めた理由の一つです。

参加車両はGiulia Sprint GTA 1600。ドライバーはオーナーのF様と私安藤です。

金・土・日とイベントが行われ金曜日はフリー走行、土曜日は予選とレース1、日曜日はレース2のスケジュール。

金曜日初日、空港到着後すぐにフリー走行へ参加するために急いでホテル→サーキットへと向かいますした。

数ヶ月ぶりにGTAと再会し、すぐに走行準備を整えコースインと行きたい所でしたが、

到着早々にレーシングスーツを来ながらセルモーター交換となりました。

というのも日本を出る前にチームよりセルモーター異音の報告をうけており、

スターター持参していきました。日本から送り出す時には何も問題なく、日本側の

発送業者も例年お願いしている所でしたので疑う余地はなく、スペイン港での

移動の際と思われます。

後日フライホイールのリングギア破損と判明したのですが、この時点ではセルの

故障も疑われたので念のため交換する事に。

おそらくどこかでエンジンがかかっている状態でセルモーターを回し続けたと思われます。

セルを急いで交換し、フリー走行で出来るだけ多くの周回を重ねます。

ひとまず問題なく走れる事を確認し初日を終えました。

翌土曜日は朝から予選。初めに私、次にオーナーF様の順番でアタックしていきます。

順調にタイムも上がってホッとしていた所オーナー様のアタック途中で車両ストップ。

そのまま走行終了となりましたが、予選後パルクフェルメの保管がありしばらくチェックできず。

一時間ほどしてようやく車両のチェックが可能となりデスビローターの問題と判明。

その場で対策を考え修理・改良し、問題は解決しました。

そしていよいよレース1です。

50分のレース、一名あたり20分以上30分内の走行時間にドライバー交代の

ピットイン一回が義務付けられております。ピットの混雑等も予想し、20分経過

直後のピットインを計画。第一ドライバーはオーナーFさんです。

ローリングスタートで始まり1コーナーで混乱に巻き込まれることなくスタートしました。

順調に周回を重ね、20分に合わせドライバー交代、予想通りピットの混雑に

巻き込まれることなくスムーズにピットアウト。私の走行中2.0Lクラスのナローを

抜ける場面もあり調子はよくペースを保つことができました。マイナートラブルは

ありつつも、レース1を無事完走。

見た目上の順位では全体の中盤程度。同クラスではエラン・ビッザリーニ・

マスタングなどパワーウェイトレシオで到底かなわない車両ばかりで単純な

速さでは話になりませんが、チームが入賞を狙っているのはFIAが定めた

車両性能の係数をかけたモノで順位を争うINDEX PERFORMANCE。

そしてレース1の結果はH65クラス一位!! いやでもレース2を意識してしまいます。

翌日も同じ体制で望みます。一位を狙える位置だけに気合が入ります。

そしてレースは順調にドライバー交代も終わり、オイルだらけの路面に苦労しながらも

周回を重ねておりましたが、残り15分ほどの所でエンジンが吹けなくなりストップ。。。

咄嗟の判断から惰性でレース進行の邪魔にならないアウト側マーシャルのポイントへ。

本当に悔しい悔しいリタイアとなってしまいました。

結果INDEX PERFORMANCEではクラス三位。

原因はセル部のプラスターミナルの折損、経年劣化の割れがよりによって、こんな時に

来てしまいました・・・。なんと悲運なタイミング。悔しいですが、これもレースですね!

イベント中は、フォーミュラ、ヒストリックバイク、旧車走行会、置き系のイベント等、

駐車スペースも盛況でした。スペインではフィアットがすべてセアトなので

SEAT 600, SEAT131, SEAT124とここでしか見れない車両達。

スペインではアルファロメオが少ない印象で、その為かGTAがとても好評でした。

パドックでもすごく視線を感じ、わざわざ「Most beautiful car in the paddock !!」と

声をかけていただけました。現地のアルファロメオオーナーズクラブの方とも親交が

出来まして、GTAのあるピットへご招待。とても喜んでいただけました。

その他にもクラス違いの1750GTAMのオーナー様ともお話させていただきましたし、

レース以外でもとても有意義に過ごすことができました。

初めてのスペインは、サーキットも楽しいレイアウト訪れたレストランはどこも

美味しく本当に貴重な体験が出来まして、素直にまた来たいと思わせる魅力的な

場所でした。レースの結果もついてくれば本当に言うことなかったのですが 笑。

長々と話してきましたレースの模様はオンボード映像をYOUTUBEにアップして

おりますので少しでもご興味をもっていただけたようでしたら、是非御覧ください。

porsche 904, bizzarrini など写っております。

予選

レース1

レース2

 

〒195-0072 東京都町田市金井1-21-14 TEL.042-734-5944 FAX.042-734-9457 info@milano-auto.com All Copyrights by MilanoAutoService.