2014 インタークラブレース第二戦 in 袖ヶ浦FRW


6/8(日) インタークラブレースに参加してまいりました。今回は私個人も久しぶりにAR cupに参戦。

当日は、あいにくの雨模様でAR cupも最後までウェットコンディションのままのレースとなりました。
今回はシリーズ2スパイダーで参加したのですが、やはりウェットでのスパイダーは手強くレース中は何度もカウンターを当てながら冷や汗かいておりました・・・。

袖ヶ浦のコースの特徴の一つとして水はけが悪いというのがありまして、所々川が流れます。またその場所もレコードラインの立ち上がりなど、やっかいな場所が多く、ドライバーからする結構大変なのです。

こういうウェットレース時にいつも思い出すのは、スーパーやベルリーナはウェット時になんと安定しているのだろうと言う事です。その分、やはりコーナリング時にスパッと曲がっていく感じが
薄いのでダルに感じる方もいるので一長一短ですが、やはりウェット時はセダンが楽です。

結果は、Dクラスという比較的ノーマルに近いクラスでの参加でしたが、何とかRクラスの速い車両にまじって走ることが出来たので充分な結果でした。

 

__ 2

__ 1

Grand prix PAU / HISTORIC ENDURANCE


先月 5/17-18 フランスのポーという町で行われた「PAU GRAND PRIX 2014 HISTRIQUE 」というレースイベントに当社お客様のF様が参加され、当社社長もサポートとして同行しました。

しっかりとしたFIAイベントで、戦前より行われている「グランプリ」という言葉の発祥のレースだそうで、モナコやマカオのような公道をサーキットにしたコースです。歴史などを見るとかなりすごいイベントのなのですが、日本ではそこまで知名度がないように思います。

船便での輸送が一ヶ月以上かかるので、3月中に急いで車の準備をして送り出したのですがすべてが初めての経験でしたので、到着して参加できると確定するまでは不安が消えませんでした。。。

FIAのイベントですので安全装備などは、かなり厳しくチェックされました。いくつか問題もありましたが何とか車検も終え、練習走行・予選・本戦と無事完走しました。

リザルトも初参戦には充分な44台中26位 クラス6位という結果です。天候に恵まれかなり暑い状況での一時間耐久だったので、経験豊富なF様もさすがにレース後はグッタリだったそうです。

当社お客様方のクラブ ミレミリアのウェブページで、今回のレース参加の顛末記を専用ページに纏めてあります。オンボード映像などもありますので、ご興味がある方はぜひウェブへ。

クラブ ミレミリア PAU専用ページ

http://www.grandprixdepau.fr/

DSC00900_R DSC01008_R